□ ビジネスマン必見!ネクタイの結び方講座

当店のシャツを買われる方でネクタイを締める方って結構多いんですよ!
そんなお客様からのご意見で一番多かったのはやはりこのシャツにはどの結び方が一番イイですか?だったのです。言葉だけで説明してもなかなかご理解いただけなかったのですが今回やっと画像が出来ましたのでご説明が出来ます! しっかり覚えてくださいね♪


ネクタイの素材と特徴
素材 素材の特徴 イメージ
シルク 季節関係なく使える。
光沢感と感触により結び目のくぼみが綺麗に出る。
弾性に優れ、シワになりにくい。
保存が難しく値段も高くなる。
ドレスシャツに最も適している。
(ビジネス向き)
綿 発色が美しく丈夫。
シワになりやすく縮みやすい。
カジュアルなイメージに最も適している。
ウール 型くずれしにくい。
シワになりにくい。
ボリュームがあるため締めにくい。
秋冬物のジャケットに最も適している。
リネン(麻) 清潔感がある。
伸性に乏しく、シワになりやすい。
夏に向く素材。

 

 

■みなさんもご存じだと思いますがネクタイの結び方をご紹介!
Vゾーンをキメるのは、シャツの襟型にフィットした結び方。全て生かすも殺すも結び方次第。
大原則 広い衿には太く結び、細い衿には細めでキメるように心がけよう!


結び方の種類 結び目の
大きさ
お薦め
襟タイプ
プレーン・ノット
小さい ・ボタンダウンカラー
・タブカラー
エスカイアー・ノット 中くらい ・ほとんどの襟
ウィンザー・ノット
大きい ・スプレッドカラー
ボウタイ(蝶ネクタイ)    


●プレーン・ノット
アメリカン・トラディショナル向き。結び目が一番小さく、カジュアルな感じを演出。
結び目が小さいのでレギュラーカラーのシャツ(襟の間隔が広くない)の時に使います。

※2回巻くとダブルノットになります。
ダブルノットは、固く結んでも、緩く結んでも味があります。
あまり結び目が大きくならないように、結んだ後、左右をつまんで、長方形に近い樽型にしよう
●エスカイアー・ノットハーフウィンザー・ノット
ウインザー・ノットとプレーン・ノットの中間の結び方。最も一般的なタイプ。
細いネクタイでも幅広のネクタイでもOK。
●ウインザー・ノット
結び目がおおきいので、ワイド・スプレッドに合う。ブリティッシュ・タイプ。
●ボウタイ
蝶ネクタイのこと。フォーマルシーンには欠かせない結び方。白と黒が正式。

★番外編★
宴会の時は頭に縛りつけるのが定番です。。。あ〜ネクタイがしわくちゃに、、、

 

当店のシャツに一番合う結び方は?? そうです!エスカイアー・ノットですね!
えっ!当店のシャツはカジュアルシャツでしょ?って??
もちろんカジュアルシャツですが無地ライクのシャツなら全然おかしくないですよ!
それにカジュアルシャツですが仕立てはドレスシャツとほぼ同等の技術ですからネクタイを締めても襟が型くずれもしませんよ。一度お試しアレ〜♪

 


Copyright (C) 2000-2013 ARTPAL CO., LTD. All Rights Reserved.